Because music-making is a collective action which brings together,

because it is a way of making, a craft,

because the moment is unpredictable, and brings us alive,

because we want to share the sensitivity and fragility of these moments,

Nunc is an independent label dedicated to liberated, open music, centred around the experience of sound in the moment ; a free space for research and collaboration.

Established in 2017 by Richard Comte, Nunc serves as a direct link with listeners, with an artisanal approach which includes all stages of musical production.

Nunc represents a pooling of knowledge and a sharing of creative spaces, with a continuing catalogue of releases which will form part of an ongoing creative whole.

 

Parce que faire de la musique est une action collective qui rassemble,

parce que c’est d’abord une façon de faire, un artisanat,

parce que l’instant est imprévisible, il nous rend vivants,

parce que nous voulons partager le sensible et la fragilité du moment,

Nunc est un Label indépendant dédié aux Musiques Libres réunies autour de l’experience de l’instant et du son; un espace ouvert de recherche et de partage.

Crée en 2017 par Richard Comte, Nunc est conçu comme un lien direct avec les auditeurs dans une démarche artisanale qui inclut tous les niveaux de la production musicale.

Il s’agit de mettre en commun des savoir-faire, de mutualiser l’espace de création et de proposer l’ensemble des productions comme un processus créatif global.

 

音楽するということは、ひとつになろうとする集団的な行為だし、

なによりも、職人のように作ることだし、
創作の過程は、壁にさえぎられていないし、
瞬間が予知できないからこそ、わたしたちを生き生きとさせてくれるからだし、
その瞬間の、感受性とこわれやすさを分かちあいたいからだ。
Nuncは、瞬間と音の経験をとおして、探求と共有の開かれた空間のまわりに
集まってきた自由なミュージシャンたちに向けられた独立レーベルだ。
 
2017年にリシャール・コントによって創立されたNuncは、音楽制作の一切の過程をふくんでいる職人的なアプローチによって、聴く人たちと直接につながることを目的としている。
 
こうしたアプローチのと核となっているのが即興で、それが均衡を保とうとする気配りの中で、作曲のさまざまな方法と結びついていく。
 
それは、実用的な能力を共有できるものとし、創作スペースを分かちあい、制作上のあらゆることを全体的な創作のプロセスとして提供することである。